menu

〒690-0886
島根県松江市母衣町55-4
松江商工会議所ビル7F

TEL.0852-21-9917

豊橋大会概要

第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会 基本理念

第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会スローガン

『流動~それでも、不変の神髄がある~』

スローガンに込めた想い 

 城下町の神髄は何でしょうか。豊橋の魅力は何でしょうか。それを、世に発信する場合は、何が世にとって利点となるのでしょうか。豊橋吉田城の歴史、東三河の地域の特性や歴史を語る上で、流動性というキーワードが必ず浮上します。

 東西の文化や人の交流点、南北の文化や人の交流点として、絶えず流動があったこの地域は、何を大切にして、何を変えてきたのでしょうか。時に変化の波で、かつての面影が姿を変える場合もあります。しかし、変化することは、決して悪いことではありません。変化は、進化です。進化だと認識できる本質を抽出し、世に発信することが、新しい価値の創造につながります。

 そして、古来の魅力を抽出するだけではなく、これからを見据え、流動をもとに、新たな魅力を発信する必要性もあります。未来へ向けたメッセージこそが新たなまち、豊橋を形成します。

大会主旨

 私たちのまち豊橋は、愛知県東三河地方に位置し、地勢としてはちょうど日本の真ん中に当たり、東京大阪だけでなく、全国主要都市へのアクセスが容易な好立地となっております。

 豊橋はかつては三州吉田とよばれ、東西方向には東海道が走り、北は伊那街道を通じて信州に、そして豊川河口と三河湾、伊勢湾、太平洋と通じる、陸上、海上交通の要衝として太古の昔より栄えていました。そして、江戸時代には三河国最大の7万石を誇り、吉田城を象徴とした城下町であり、「吉田宿皆あをむいて通るなり」と唄われる東海道有数の宿場町でもあり、現在に残る城郭史跡だけでなく、道路などの区割りや町名に、しっかりとその痕跡が残っています。

 私たち公益社団法人豊橋青年会議所は、「流動~それでも、不変の神髄がある~」をテーマとし、城下町という我が国固有の文化を発展させていくために、人の往来盛んな交通の要衝としての豊橋の歴史を踏まえ、このまちならではの「まちづくり」を考え、第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会を開催させていただきます。

 宿場町吉田、交通の要衝豊橋として多くの人が訪れることによる流動性から生まれる文化は、いつまでも変わることのない、不変の豊橋のDNAとして、今までもこれからも、このまちの底流に流れ続けています。ともすると、近年の豊橋は閉鎖的で消極的な気質とも言われます。

 世界が急速に結びつきを強める新時代においても、豊橋が人の往来の拠点としての個性を発揮し、世界に輝く都市となり続けるために、今一度交通の要衝として発展してきた豊橋の歴史的価値を見直し、市民一体となってさらに魅力を高め、市外からの客観的評価の受け人を呼び込めるものとして、このまちのまちづくりに最大限に活かしてまいります。

開催地理事長挨拶

公益社団法人豊橋青年会議所 第68代理事長 村井 裕一郎

 全国城下町シンポジウム豊橋大会公式ウェブサイトをご覧いただきまして、まことにありがとうございます。

 かつて、宿場町型城下町として栄え、「三州吉田」と呼ばれたこのまちは、東海道新幹線、東名高速道路、三河港を抱える交通の要衝「豊橋」、そしてグローバル社会を迎え国際都市TOYOHASHIへと、時代の流れと共に、発展し続けています。その根底には、過去も、現代も、未来も、その交通の利点から多くの人々が集う多様性に溢れたまちとしての姿があります。

 そこで、そのようなこの豊橋のまちに受け継がれてきた歴史と文化、そして風土を見直し、住んでみたいまちとして「定住人口」が増え、行ってみたいまちとして「定住人口」が増え、気になるまちとして「関係人口」が増え、世界中にこのまちのファンが出来る、そんな素敵なまちにつながる第一歩を、この大会を通じて、私たち豊橋青年会議所と一緒に踏み出しましょう。市民の皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

実行委員長挨拶

全国城下町シンポジウム豊橋大会 実行委員長 船瀬大輔

 農業・工業・商業のバランスを保ち、豊かな自然とそこに生きゆく人々が形成する豊橋は地理的にも物質的にも人間性も含め寛容な性質に恵まれたまちと言えるでしょう。

 日本全国から見ても双方向に視野を広め、物事の吸収に長けた特質がものづくり、ひとづくりの原点を生んでいます。そしてその強みはやがて、世界へと眼を向け自分達の誇りと共に大きな産物を発信する都市へと成長してまいりました。

 城下という条件を活かし、このまちに訪れる交流人口をもてなし定住人口と共に共存を上手く図ることによって誰しもが足を止めることの出来るまちを形成した特色はこのまちの発展に大いなる寄与を残したのではないでしょうか。

 そこで本年度、第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会では、豊橋の城下町に残るおもてなしを以って全国から来られる皆様に対し城下町豊橋としての魅力に触れていただく3日間を開催いたします。歴史的風致から成る豊橋の魅力と共に都市としての利便性の両側面から記憶に残る城下町シンポジウムにしてまいります。

 このまちに生きる人々の心の強さと皆様を迎え入れる寛容さを是非とも体感していただき豊橋大会を心行くまで満喫されてください。きっと皆様の拠り所として記憶に残ることをお約束いたします。「流動~それでも変わらぬ神髄がある」皆様にとってこのテーマが強烈な原体験を通じて体感することで自らのまちづくりに昇華されます。

 第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会は必ず皆様にとって大いなる成果をお届けいたします。そんな豊橋に心からご期待ください。